thinkgarbage

thinkgarbage

会社概要

COMPANY

会社概要

COMPANY

thinkgarbage

「成功はゴミ箱の中に」

マクドナルド創業者 レイ・クロックの経営理念でもある名言からインスピレーションを得て

think garbage=ゴミ(本質)を思考し創造する
既存のものに付加価値をつけ、新しいものを生み出す集団をめざす

との思いが社名には込められています。

創業のきっかけ

The trigger of our foundation

この志のもと、モノ・コト・感動をワンストップでつくっていく。 そのためには自分が信じる「おもろい」ことのために 全国・世界中とびまわり、グローバルIT企業として 今までにない『お初』なことをキテレツなこと、 「そうきたか!」といわれるような予想不可能なことを ジャンルレスにやるための態勢=チームを作っていきたい。 それがThink garbage創業のきっかけです。

代表挨拶

TOP MESSAGE

熊本にて創刊34年続くローカル誌(タウン情報クマモト)で編集長、IT事業部長として12年以上勤務してきた経験を基に、熊本から全国へ、そして世界へと『いいもの』を発信していきたいという思いから2013年7月7日に、この『think garbage』を立ち上げました。 『熊本日日新聞社』の取材編集担当からコンテンツ制作業務に携わった経験で培った1万6000軒ほどの飲食店や企業、著名人の方々とのネットワーク、最前線での取材スキル、飲食店の繁盛するノウハウやデータを強みとし、SNSなどのメディアミックス、EC(通販)事業を絡めた集客宣伝、企画立案で『いいもの』を売っていくための効果的な戦略を生み出します。 またITとメディア、デザインの力による地域社会への貢献を理念に、地元企業のHP制作やEC運営、商品開発、ブランディング、企画など、様々な事業をワンストップで手掛け、くまモン初の海外カフェとして「KUMA cafe」を台湾、上海、シンガポール、香港などの海外ビジネスも展開しています。海外インバウンド、アウトバウンド戦略においてニッポンのクールさを、世界の若者たちに届け、影響を与えていくことを理想に日々奮闘しています。

代表取締役 日置経尊

hioki

PROFILE

株式会社thinkgarbage 代表取締役 

日置経尊 Hioki Tsunetaka

【略歴】
1977年11月4日生まれ 熊本県菊池市泗水町出身
10代の学生時代から一人で、ロス、サンフランシスコ、ベイカーズフィールドなどへ渡米。音楽やファッションのカルチャーを学ぶ。帰国後、熊本にて創刊34年続くローカル誌(タウン情報クマモト)にて独特のエディトリアル・スキルを持って現場で叩き上げ、編集長に。出版不況の中、斬新な企画力やブランディング戦略、クロスメディアなど駆使して10年前までの売上規模にV字回復させる。また有名脚本家・小山薫堂さんとの「くまもとサプライズ!」では、熊本県庁とタッグを組んで、「くまモン」のブランディング企画をプロデュース。年間の最も面白かったMVP企画大賞となる日本一に輝くと同時に、今のくまモンフィーバーに一役買う。

スタッフ紹介

THINK MEMBER

集合写真

会社情報

INFORMATION

【 社 名 】 株式会社 think garbage / シンクガービッジ
【 設 立 】 2013年7月7日
【資 本 金】 100万円
【代表取締役】 日置 経尊
【所 在 地】 熊本市西区野中3-5-6 TECO内
【グループ企業】 株式会社サイバーレコード
【連 絡 先】 TEL:096-288-3353 / FAX:096-288-3260
【事 業 内 容】 ・越境EC ・海外インバウンド ・商品企画開発
・店舗コンサルティング ・チラシ ・メニュー開発
・エディトリアルデザイン ・各種 紙媒体プロデュース
・くまモン商品&観光 海外戦略
・トラベル売上戦略事業(楽天・じゃらん・一休)

アクセス

ACCESS

teco

お問い合わせ

CONTACT

ご質問やご要望、各種お問い合わせは、
下記フォームまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。